読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復職しています。

「復職しました」とは言い難いほどあっという間に2ヶ月半。
なかなかいろいろありました。

クライマックスはやはり2月の気管支炎入院かな…。
いわゆる「保育園の洗礼」。

お試し保育3日目から始まった鼻水は、
この2ヶ月半、結局一度も止まらなかったです。
多い、少ないはあるのだけれど、でもだいたいいつも鼻の下にかぴかぴしたものが。
そして1月後半から始まった、発熱ラッシュ。
週後半(木曜とか金曜)の午後に発熱呼び出し、
そのまま受診して次の日からお休み、月曜も何とか休んで
火曜に復帰してもまた木曜日あたりに発熱…が続いてついに気管支炎で入院。
付き添い入院のサークルベッドで点滴に繋がれたうちのこを眺めながら
「…なにしてるんだろ…」って凹む。
…というところまで、ググればいくらでも出てくる「あるある事例」なのね。

「あるある」と頭では理解しているても気持ちの上で腑に落ちない、
というところまで想定内だったけど…だったけど、
やっぱりしんどかった!凹んだ!
目の前で子どもが苦しんでいて、辛くない母親はいないのですね。。。

そんなうちのこも、2月のおしまい頃から急に発熱の頻度が減り、
3月は25日に発熱するまで毎日保育園に行けるようになりました。
免疫がつきつつあるのか、暖かくなったのもあるのかもしれません。
そして毎日、とても楽しそうに保育園に通っているのが、
ちょっと意外でもあり嬉しくもあります。

この2ヵ月半で、うちのこは色々なことができるようになりました。
保育園で他の子と触れ合うことが、とても良い刺激になっているみたい。
(この辺はまたいずれ書きたいです)

うちは経済的理由により私も働かなくてはやっていかれないのだけれど、
保育園のネガティブな面ばかり気にしてブルーになっていた
復職前の私に伝えたい。
「なんとか、やっていけそうな気がするよ」って。

明日から新学期、うちのこと同じくらいの月齢で
保育園デビューの子もいっぱいいらっしゃるのでしょうね。

支援センターの先生に、
子どもが熱を出す時は、ママも疲れがたまっている時だから、
思い切って一緒にしっかり休むこと、と教えてもらいました。
母が倒れたら回らないですもんね。
ぼちぼち…ほんとにぼちぼちいきまっしょい!