読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決めたくない

不惑カウントダウンなお年頃。
昔の人はうまいこと言うね。
仕事も日々の生活も、割と即決即断できるようになってきた。

でも、赤子のことは別。
この私が迷いまくり。このわたくしが!←

慣れない新生児育児は、24時間ぶっ通しでもの言わぬ繊細なイキモノのお世話だし、
判断ミスは赤ちゃん死んじゃうかも知れなくて。
大袈裟かもしれないけど、生まれてからずっとその判断の責任を背負って暮らしてきたせいか、
最近、特に夫が休みの日に、夫がいるのに、
私がしなくてもいいようなくだらない選択や判断をなげかけられると、ほんっっっとにイライラする。

例)
「おむつ換える?」
「飯どうする?」 
(夫の実家で)「昼飯なに食べたい?」

特に夫の実家で昼食を何にするかなんて、私が考える必要ある?!…って、必要以上にぶわっと拒否反応。
普段、赤子と二人で生活している時は当たり前にしているのだけれど、
夫がいるときくらい、人手が二倍になるのだし、簡単な判断とその責任を代わってほしい。
なのにむしろ、夫がいるときの方がそういう細々とした判断を投げ掛けられることが多くて、ちっとも楽にならないし、むしろ苦しくなる。


で、ふと、
あぁ私、判断することをお休みしたい、判断することから離れたいんだなーって思ったのでした。


昔、私よりずっと重責を負う仕事をしているひとが、「ごはん何する?」と言われるのすら耐えられなくなったと話しているのを聞いて、そんなこともあるのねーとおもっていたけど、いま、まさにそれだわ。


このあたりは夫にしんどい点を伝えて、
私が決めなくていいことはさっさと勝手に決めてくれと言わなければいけないでしょうね。
…私が意地悪で無理難題を言っているように受け取られなければいいけれど。